花鳥風月 | BOOKS | TRPG | LINK | オススメ!    アンケートご協力ありがとうございました!

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SEARCH THIS SITE
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing photos in a set called Yosemite National Park. Make your own badge here.
CATEGORIES
RECOMMEND
パフォーマンス・ロック・クライミング
パフォーマンス・ロック・クライミング (JUGEMレビュー »)
デイル ゴダード, ウド ノイマン, Dale Goddard, Udo Neumann, 森尾 直康
私のバイブル的書物。クライミングに関する物理的・精神的トレーニング方法がみっちりと。
RECOMMEND
ポール・スローンのウミガメのスープ―水平思考推理ゲーム
ポール・スローンのウミガメのスープ―水平思考推理ゲーム (JUGEMレビュー »)
ポール スローン, デス マクヘール, Paul Sloane, Des MacHale, クリストファー ルイス
この前話題にしてた本。洋書を購入。面白いよ。
ARCHIVES
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2日目サタスペ
1日目の大成功を胸に2日目に挑みます。
2日目は知り合いが多いため、気楽だったのですが、なぜかテンションは低いまま。サタスペというシステムは「アジアンパンクRPG」。しかもトンでもない判定があります。その名も「ロマンス判定」。恋愛判定に失敗したら、相手のトリコ(=言いなり)になってしまうという恐ろしいゲームです。さらにR-15指定のあるゲームで、お子様には見せられない世界がわんさかです。

行動の選択肢に「黙って押し倒す」とかあるし。

そんなわけで、緊張してたんすよ、割と。←恋愛系ロールプレイは絶対無理w

このゲーム、まずPCを作るところからトンでもない。
舞台は大阪ミナミ。そこに暮らす人々の夢は「銀行強盗をして名を上げ優雅に暮らす」というようなモノ。混沌と暴力と金と美女が織り成す、アジアンパンクな世界。市警は腐りきって金で動き、暴力は何よりも手っ取り早い手段として横行。

アジアンパンクTRPG「サタスペ」公式ページ

そこに暮らす今回の主人公たちは……。

「ミスター無頼」こと劉光男(りゅう・みつお)。無口でバットを振るインテリ荒事師。趣味はワビサビ、年上のインテリ女性が好みな54歳男。
「ぐるぐる伝説」ことミサ・ウルキオラ。ヒスパニック系のハーフ。恋愛と教養に溢れる参謀。エロ賢い20歳女性。
「ぐるぐる蝶々」ことアケミ・オニール。ヒスパニック系のハーフ。犯罪がらみが得意で、大家で生計を立てるお金持ち、中華料理が大好きなためミナミに暮らさず中華街に住む、14歳少女。なぜかリーダー。
「ラスト・ウルフ」こと小野蘭蘭。サングラスで素顔を隠す、女優。生活力No.1だが恋愛にはピュアな58歳女性。道化師。
「ミナミの無頼」ことハン・カイ。謎の電飾で飾られた服を着る技術者。トンデモ趣味を持ち、恋愛には戸惑い気味の、根性で車を乗り回す17歳男。

このPC設定、すべてダイスで決まってます。名前も、もちろん。選択肢はPL側にありますが、面白いので殆ど採用されてます。

何だよ、ぐるぐるって。

とか思い始めちゃいけません。
なんたって、彼らのチーム名は「神様帝国賊」という訳わからないものですんで。

そんな彼らの冒険はですねー、「病気のおばあちゃんに娘を会わせてあげたいが、娘の居所が掴めないので探し出し、病院に彼女を連れてきてほしい」という実にシンプルかつハートフルなお父さんからの依頼だったはずです……が。

不良さんだった娘ヒロコの親友・ミナコと彼女の居場所がわかったので、そのとき暇をしていた、光男、ミサ、アケミの3人。ミナコ宅に伺いました。ぴんぽーん。普通にインターホンがある住宅の扉がそっと開けられました。ターゲットのミナコちゃんです。恐る恐る顔出すミナコちゃんの前に「無口ででかい男54歳」「なんだかエロ賢そうな綺麗なお姉さん20歳」「ワンレングスでボディコンを着ている14歳の少女」が。

そこで急いで扉を閉めようとしたミナコちゃんの反応は普通だと思います。ええ。

それを光男ががっと足を入れ、防ぎます。
ミサもドアノブを押さえます。
ついでにアケミも足を入れて、脅します。

「ちょっと入るわね」

不法侵入です。しかも光男はバットを持ってます。リビングの後ろで銃を整備している音まで聞こえます。

ミナコちゃんはゴルフのクラブを構えて、恐怖の表情。

交渉すればいいのに、不法侵入した3人組。いきなりミナコちゃんをバットで殴打してぐるぐる巻きにし押入れに放置した後、ミナコを人質としてヒロコを呼び出すことに。

親友ミナコの命を助けたければ、病院の前に来い!

訳わからない脅しです。GMも真っ青な展開に我々は頭を抱えるやら大笑いするやら。
まぁとにかくそういうことで無事ヒロコは瀕死のおばあちゃんに会うことができ、強盗の真犯人は我々にそういう依頼をした「お父さん」ってことで。

めでたしめでたし。

その後、光男はぼこの殴り合いをしたミナコとなぜか友情が芽生え、リーダーとして口先で妙な脅迫をしたアケミは依頼人のお父さんから恨みを買いました。

まぁそんなわけで1本目のシナリオが大変な事故にあったため、2本目のシナリオは「道化師」のお姉さん(58歳)が大活躍です。

「何かあったらすぐ電話するのよっ!!」

携帯電話でなぜか「道化師」が「参謀」に指示を出す展開。
やっぱり依頼は人探しなのですが、やっぱり光男がバットで殴ってターゲットを捕捉。
そして、まったく依頼とは関係ないところで、逆美人局についていき、おばさんと本気で男の取り合いを行い、ロマンス判定で全力「告白」して、年上の知的なナイスミドルをゲットするアケミ。

抱腹絶倒の嵐です。

全く関係ないところで、ロマンスを発生させ両思いになったアケミ、ついにはGMから年上知的なナイスミドルは「教養+1の執事さん」としてデータ化されることに。PLたちも全く関係ないところで盛り上がってました。

確かに盛り上がるよね、ロマンス判定。

お陰さまで、アケミは2番目のシナリオでMVPを頂きました。1本目のシナリオで、他のPLたちから貰った称号は「ペテン師」2本目は「色事師」でした。

え?私がプレイしたのはどのPCだったかって??

さぁ、誰だったんでしょーねー。そんなものは永遠の謎にしとくと良いと思います。
| TRPG | 14:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
1日目TRPGオフ
本人を含め誰も彼もが、この「花鳥風月」がオンラインTRPGサイトであったことを忘れかけた今日この頃。日本に戻ってきて、先週末TRPGセッションに参加してきました。

TRPGオフは、実は2回目。生涯でね!

小心モノかつ人見知りでシャイな私は、オフで台詞を言うのは辛いんです。しかも知らない人の前でなんて、なおさら。

嫌だー嫌だーと最初はしぶっていたものの、やはり負けました。

TRPGやりたくてしょうがなかったものですから。

1日目は「りゅうたま」というシステム。初めて聞いた上に参加したプレイヤー4人全員がシステム初プレイ。GMさん、本当にお疲れ様でした。

旅人が主人公。竜人という竜の化身のような神様が物語をつむぎ、それを竜に食べさせることで世界を豊かにしていく世界観。そして人々は旅に出る。物語に少しでも力を与え世界を豊かに、自分の人生を豊かに、そして来世に行くために魂に物語を付加させるようと……。
(*注:おおざっぱ、しかもどこにも確認取ってないので間違ってるやもしれません。)

りゅうたま公式ブログ
りゅうたま - Wikipedia

イラストのイメージどおり、やさしいほんわかな雰囲気ですが、旅人の生活はとってもシビア。朝起きると、まずコンディションチェック。食料と水がないと生きていけません。ダイス目が酷いと状態異常が発生します……。次に旅歩き判定。移動チェック、方向チェック、野営チェックと……まさに野外生活が疑似体験できます。厳しいぞ、野外は。

今回は追加ルールのテストプレイ的なものをしてきました。

この追加ルール、探索ルールの一つですが、自分たちでオブジェクトと呼ばれるものを作り出し、判定していくもの。1つ目のシナリオでは、森の中に薬草と迷子の子供を捜しに行くという目的を達成するために、私は「うっそうとした森」「不気味な鳥の鳴き声」という2つのオブジェクトを利用して、「薬草を探す」判定を行いました。両方とも薬草を探す手がかりになりそうにないぞー、と「うっそうとした森なので、周りが良く見えないし、不気味な鳥がもしかしたら薬草のそばにいるかなーなんて思いつつ探索します……」と言いながら、目標値19に対して精神1d6と知力1d8のロール。GMより「それは両方ネガティブな方に作用しますねー」とペナルティ−4を貰ったので、当然目標値には達せず。ですが出目がそれなりだったので、目標値が下がりました。その後森を探索したので、新たなオブジェクトを追加できました。「じゃ、硫黄の匂いがしててその回りに薬草があるような気がします」とか皆で相談して、オブジェクトを書き込みます。そうすると森のイメージができるとともに、探索の手がかりができて、それがポジティブに利用できるとGMが判断すれば探索ロールに+修正が掛かります。目標値も探索をするにしたがって下がっていくので、当然成功しやすくなっていきます。これを1ターンとして繰り返していくわけです。

が、当然この探索、時間制限があったり、障害物があったりします。ほんわかな雰囲気に騙されると痛い目に合います(笑)。

綺麗な幻想世界ができるシステムだと思うのですが、実際のプレイはどたばたコメディになりました。隠居のおじいさん(実はどこぞの王様で宮廷を追われたらしい)が持っていたロバ・ハチベエがうっかり森の中にすっころげて行方不明。背中にぬいぐるみを背負ったロン毛の美青年は電波系。家に風呂が無かったので家出し、旅でがっぽり稼いで「美しく高品質な歩く携帯フロ」を購入したいという、謎な乙女思考の少女。竜に育てられたため、自分探しのために旅を出た、男の子はネガティブ思考だったはずが、このでこぼこトンデモパーティを引っ張るためポジティブ思考になったり。笑いの連続でした。……っていうか、濃すぎるよPCの設定が。

うっかりハチベエを、うっかり探索ルールのオブジェクトにしてしまったGMさん。
その為、最後の最後で薬草を口にくわえて、ドリフトしながらハチベエが登場し、薬草が手に入ってしまったのは、何というか、不幸な幸いでした……。バットエンドにはならなかったので良しとすべきでしょう。

当然、大爆笑の嵐。

美しい雰囲気台無し。本当は病気のお母さんを助けるために森に薬草探しに出た迷子の少年を助ける、というハートフルものだったに違いないのです。

2本目のシナリオは、シリアスな雰囲気を何とか保つため、全員努力しようとしたのですが、オープニングでまたしてもロバのハチベエが「死亡」(PLは「うっかり」ロバのロールプレイをするためにダイス目でうっかり度合いを決めてました。前回も森に転げ落ちたのはそのせいです)。GMさんはPCが死亡したと勘違いし、「えー?えー?いいんですか?幽霊で参加しますか?!」と半パニック。合掌。。……とにかく美しい白い砂浜の海岸に、ハチベエを埋葬し、シナリオスタート。

同じように探索ルールを使って、2度目なので割とスムーズに話が進み、何とか美しいイメージをキープしたまま、物悲しい物語はハッピーエンドを迎えました。まぁハチベエオブジェクトがここでも登場し、彼のお陰で探索が成功したのはやむ無しでしょう。この流れは誰にも止められません。

こんなハチャメチャプレイ、GMさんが「りゅうたま」の記事を書く参考にと録音を録っていったのですが。……小さなコラム用でホント良かったっす。。

楽しかったです!うん、このシステムは想像力とGMの器量がずいぶん問われますが、いくらでも面白くできそうです。野外冒険が好きな私は大満足でした!皆さん、お疲れ様!
全員が笑い転げながらも、楽しく遊べたので良かったし、美しい詩も完成したし、GMさんも「楽しかった。やっぱりPLによって違う物語になるのは面白いですね」と言ってくださったので、セッションは大成功ということで!

よし、この勢いで2日目行きますっ。
| TRPG | 13:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |