花鳥風月 | BOOKS | TRPG | LINK | オススメ!    アンケートご協力ありがとうございました!

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SEARCH THIS SITE
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing photos in a set called Yosemite National Park. Make your own badge here.
CATEGORIES
RECOMMEND
パフォーマンス・ロック・クライミング
パフォーマンス・ロック・クライミング (JUGEMレビュー »)
デイル ゴダード, ウド ノイマン, Dale Goddard, Udo Neumann, 森尾 直康
私のバイブル的書物。クライミングに関する物理的・精神的トレーニング方法がみっちりと。
RECOMMEND
ポール・スローンのウミガメのスープ―水平思考推理ゲーム
ポール・スローンのウミガメのスープ―水平思考推理ゲーム (JUGEMレビュー »)
ポール スローン, デス マクヘール, Paul Sloane, Des MacHale, クリストファー ルイス
この前話題にしてた本。洋書を購入。面白いよ。
ARCHIVES
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
■Return package
本日は「ネットでMサイズのT-shirtを買ったけど、MサイズはMサイズでも子供用Mサイズだった!!(怒)」という(←こんな前提は無用)パッケージを送り返すときに使う英語をpickupします。

こちらでは物を買っても、気に入らなければReturnできるという制度が一般的です。電化製品やコンピューター製品の場合は、packageを取っておいてもReturn chargeを取られることが多いので注意。逆に衣料品などは、セールでガンガン買って、気に入らなければ返すという凄いやり方がまかりとおっています。下手したら、一時的に購入して、用事が済んだら返すということが可能だったりします。……面倒だからやりませんが。

packageにはReturn Reason formというものが入ってました。
これによると
(1)Return Reasonを書く、コピーをとる。そのコピーをpackageの中に入れる。
(2)オリジナルの下部にあるslipをミシン目に沿って切り離し、箱に貼り付ける。
(3)切手は不要で、郵便局にpackageを持っていく。
で、完了。
slipの中央にはミシン目が入っており、これを切り離さないようにしろ、とのこと。

■affix (動)貼り付ける
(動)他[affix A to B]
1 《形式》〈A(物)をB(物)に〉添付する;〈切手などを〉はる
〜 a label to a package  小包に荷札をつける(「固定する」という意味合いの強いとき前置詞はonも用いる).

■perforate(動)ミシン目に沿って切り離す
The label is perforated down the middle.

■postage(名)郵送料,郵税,送料
a 〜 charge  郵便料金
〜 due [free]  郵税不足[無料]
〜 due stamp  (受取人が支払う)郵送料不足分を示す印.

■parcel(名)(通例紙で包んだ)包み,小包,小荷物.

ああ、面倒!ああ、本当に面倒!
| 使ってみたいけど使えない英語 | 06:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
e-mailの絵文字と省略語
一部の人に割と役に立つ、と評判な「使ってみたいけど使えない英語」シリーズ。評判が良いとお調子者なので頑張ってみたり。

英語のクラスで、現在memoの書き方を勉強中。
memoと言っても、e-mailのことが多い。

その中で、「e-mailで使われる絵文字」というoptional readingがあったので見てみたら。

O:) = angel
:-@ = scream
%-) = confused
>:< = anger

こんなのがあった。
英語の絵文字は、頭を横にしないと分かりにくい。しかも直感的に分からない。
Angelなんて、意味がわからなくてしばらく考えてしまった。

頭にわっか。それだけなのに。。でも何に使うんだろ……

↑のような絵文字は滅多見ない。大体e-mailをやり取りする世代や業種が限られているからだろう。

:) = smile
:D = big smile
:* = kiss
;) = wink
:p = sticking out tongue
:( = frown

使うのはこの辺。ただし友人に限る。さすがに上司や同僚には使わない。ポスドク同士のプライベートメールでは使うこともある。偶に秘書さんとかテクニシャンの若い子とかが、研究所全体のMailing List宛てに出したメールに「Thanks for your help :)」ってな表現があって微笑ましかったりする。

良く使われる省略語は、
TNX = Thanks. ありがとう
ASAP = As soon as possible できるだけすぐに
FYI = For your information 参考までに
FYA = For Aour Amusement よろしければ
RSVP = フランス語épondez s'il vous plaît (=please reply) お返事下さい
viz = ラテン語Videlicet つまり、すなわち
e.g. = ラテン語exempli gratia (For exampleと読んで) 例えば
cf.= ラテン語confer 比較せよ、参照せよ

AFK = Away from keyboard
BAK = Back at keyboard
(↑これってgeek用じゃないの?(笑)普通にoptical readingで紹介されていたんだけど)

私自身、元々絵文字を使わない人間なので、周りの人も遠慮して使わないのだろうか。日本語のメールでも多用するのは(笑)(苦笑)ぐらいで、日本のアスキー文字は殆ど使わない。使えないから、というのもあるが。
また、完全なるキーボード派なので携帯メールが使えない。未だに日本に帰っても携帯メールを打たない。打てない。こちらでも携帯メール(text message)が使えるのだが、使ったのは数えるほどである。しかもTHANXとかI seeとか。おいおい、略してないでしょ。さらには、このtext message、普通のプランに入ってないので、1メールにつき幾らかの金が掛かる。この辺、日本と大違い。結局、メールを携帯に打つよりも、普通にメールするか、電話掛けたほうが、はるかに楽なのである。

そして、またしても携帯打ちから遠ざかるのであった。

携帯・チャット用
YOU = u
I = i (省略されること多し)
IC = I see わかった
j/k = Just Kidding 冗談
btw = By The Way ところで
ttyl = Talk To You Later 後でね

一度、D&Dのonline sessionチャット覗きにいこうかなぁ。しかもROMで(笑)。

メール英会話ヒント集[書き方編]Vol.1 初心者のための英文メール講座@All About
英語略語集TAK英語情報局
| 使ってみたいけど使えない英語 | 07:09 | comments(0) | trackbacks(1) |
基本の挨拶パターン
最も頻度が高い、挨拶のパターン。今更、といえば今更だけど、フレーズを集めているので、こういうのがある!とコメントしてくれると嬉しい。
これ以外にも沢山バリエーションがあるが、とりあえず基本から。

挨拶は、次のような経緯をたどる(同僚又は同じ会社の人間と)。
1)会ったら、以下のどれかで声を掛けて、笑顔を振りまく
2)相手が返事をしたら、それに対してうなづきながら笑顔を振りまく。自分のことを聞かれたら、軽く答える。
3)時間があれば、そこで軽いジョークを飛ばすか、何かのトピックスについて一言。
4)そのまま別れる。
大体が廊下などで会った時のやり取りなので、歩きながら「How are you doing?」「I'm OK, thanks. And you?」「Fine. Thanks, dear」と言葉交わして終わりになることが多い。
えー。ポイントは

笑顔

です。笑顔。辛くても、眉間に皺が寄っていても、とりあえずにっこりしよー。それから、名前を知らなくても知っていても、人に会えば挨拶するのが基本です。知っている人なら名前を後ろにつけると、相手をちょっといい気分にさせることができてグーです。名前を呼ばれると、「あ、覚えてくれているんだ」って割と嬉しい(笑)。

■Hi?
「おー元気ー?」「あ、こんにちは」「あ」
というニュアンスで使う。普段は知っている人に対して使うが、エレベーターやお店で偶々出会った他人と目線が合えば、とりあえずHiと挨拶して、笑顔。これ基本。時間がないときは、Hiと言っておけば完璧。
受け答え例:Hi(同じく返す)

■What's up?
「どうよ?」「どうしてるの?」「何か新しいニュースは?」
というニュアンスを持つ。カジュアル度が高い。仲良い友達同士、同僚同士で使う。
受け答え例:So, so(まぁまぁ)I'm OK(普通)Good(良いよ)Nothing new(特に何も新しいことはない)Not so good, not so bad(悪くもないし良くもないね)

■How are you doing?
「どうしてる?元気?」
What's upよりもう少し丁寧な感じ。同僚やお店の人から声掛けられる。後ろにDear, Sweet, Bro, Guysと呼びかける言葉が入ることが多いフレーズ。声を掛けられたらThanks(Thank you)と返し、How are you? or And you?と相手の様子を聞くことが多い。
受け答え例:Fine!(元気)Good(良い)Not bad(悪くないよ)OK(普通)

■How are you?
「元気ですか?」「こんにちは」
最も一般的な言い方。個性が出ないのが嫌なのか、仲いい人は殆ど使わない。逆にボスや目上の人、知らない人に挨拶するときに無難な印象を与える気がする。How are you doing?と同じぐらいのニュアンスで使用されるが、同僚同士ではネイティブは殆ど使わない。この場合も当然相手の様子も聞き返す。
受け答え例:I'm fine(元気です) I'm good(いい感じです) I'm all right(普通です)I'mをつけるとちょっと丁寧な感じがする。

ちなみに、受け答え例に「最悪」というのがないのは、基本的に挨拶では自分は元気だよ!という答えを向こうは期待しているので、そうは答えないことの方が多いからです。Too bad!(最悪) Not good at all(全然良くない)と言えば、相手はWhat's happen? Are you all right?(どうしたの?大丈夫?)と話を聞く体勢に入ります。話を聞いて欲しいわけじゃない場合は、I got sick, but OK(風邪引いたけど、大丈夫)などと言います。その場合は、Sorry, take care!(それは大変ね、気をつけて)と返せるので、向こうも「あ、別に聞いて欲しいわけじゃないんだな」と安心するようです。こちらでは会う人会う人に挨拶するので、そのたびに「風邪引いてね、熱があって、大変だったー」などと言ってたら、疲れます……。

番外:クライマー対象
■How is your climbing?
「どうよ?登りの調子は?」
受け答え例:TOO BAD!(最悪!)I got V2 last week.(先週、V2落とした!)I went to XXX last weekend. Did you?(先週末、XXXの岩場に行ってきたよ。行った?)My injury is geting better.(怪我がよくなってきたよ)
クライマーはどこ行っても、登りに関する話しかしません。挨拶も、登りに関する話題です。当たり前か。週末天気が良くて外岩に行った人がいると、行かなかった人が激しく悔しがったりします。
| 使ってみたいけど使えない英語 | 07:24 | comments(4) | trackbacks(0) |
congestionの謎が解けた!
先日からずっと気になっていた英単語congestion。

英和辞書では、こんな訳だった。
1 密集,充満,混雑;過度の負担,過労
traffic 〜  交通渋滞
mental 〜  精神的過労.
2 うっ血,充血;詰まること
Progressive English-Japanese Dictionary, Third edition ゥ Shogakukan 1980,1987,1998/プログレッシブ英和中辞典 第3版 ゥ小学館 1980,1987,1998

が、私が知りたいのは、風邪の症状としてのcongestion。
医者にも聞かれたし、風邪薬の症状の一つとして宣伝でよくやっている。
今朝も2つもCMで「XXX helps relieve congestion」と言っていたので、相当commonな症状に違いない。疲労(fatigueとかtirednessとか)は別の単語で表せるし、鬱血は風邪の一般的症状ではない。大体、何かが詰まった様子を表すに違いないから、「鼻がつまった」か「痰が喉につまる感じ」を示すに違いないと思っていた。

したら、あったー。
BreathRight
Congestion Relief
Have you ever used a common cold treatment or allergy product to help relieve nasal congestion?

要するにnasal congestion(鼻づまり)のことだった。医学用語としては、"situation characterized by buildup of fluid in some area of the body"という意味で、とにかく

詰まった!

という症状に対して、congestionと使うらしい。
風邪だったら、鼻づまり以外にないだろうから、nasalを省略して単にcongestionと言うのだろう。
たったこれだけだったのに、えらく時間が掛かった。が、すっきりした。
まさにI got relief from congestion!って気分。
| 使ってみたいけど使えない英語 | 08:13 | comments(2) | trackbacks(0) |
英作文のこつ
なんてタイトルにすると、TBが飛んできそうですね。

現在、Writingコースを受講してます。これ、物凄く面白いです。こちらに来て、ずいぶん英作文に対するhesitationは少なくなったと思っていたのですが(使わざるを得ない状況なだけ)、どうしても巧く書けたという自信はありませんでした。

コースを取って気づいた点はいろいろあるのですが、本日一番の発見は。

やたら接続詞を使うのは、文章が良くない証拠

という、実にシンプルなものでした。別に英語じゃなくても、日本語でも言えることで、文章を書く上で、基本とされるものですね。

ロジカルな思考パターンに沿って文章を作れば、殆どの接続詞は省略可能です。もし自分の文章にやたらbut/soなどが出てきたら、もう一度見返すと良いです。作文しているときは、感情に沿ってbut/soを入れてしまうのですが、実は読むときには必要ないものが多いです。つまり、読み手には不要

強調表現だったり、話題が急に変わって読み手が混乱する場合には、もちろん接続詞は必要です。

私の尊敬する、志賀直哉氏は、1つの文章を書くのに常に最もシンプルな形になるように心がけていたという話を聞いたことがあります。しかも、あの美しいシンプルな形でさえ、まだ削るべき部分があると言ったとか(うろ覚え)。

ブログでも文章を何度も読み直すと、段々シンプルな形になります。私の場合、説明をはしょってしまい、言葉が足りないことが多いのですが、読み手を意識して文章を書く練習にはなっているような気がします。英作文に関しては、この読み手を意識して文章を書く練習量が圧倒的に少ないことに気づきました。日本語でアレだけ本を読んで作文を書いて、ブログを書いて、このレベルなのだから、英語でも相当やらなければならないのは当然。

量をこなさなければならなくても、非常に楽しいです。久しぶりにテスト受けて点数が出るのがすっきりしてて面白い……と言ったら、受験生にぶん殴られますね。過去の私だったら「じゃ、変わってやるよ!」と言うに違いありません。でも、絶対変わってやりません。今のほうが楽しいからーー!(笑)
| 使ってみたいけど使えない英語 | 06:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
病院に行くと、よく使う英単語
年末から今月にかけて、病院に行った回数、合計3回。医者のappointmentの取り方も巧くなり、主治医(PCP)でなくても当日時間が空いている医者に掛かることを覚えた。職場の近くの病院なので、「今から出れる?20分後なら空いてるわよ」と言われあわてて出かけたこともあった。
copaymentが1月から$25に値上がりしやがったので、税金が掛からないFlexible account(あらかじめ給料から引いてもらってpre-Taxの扱いにする口座、会社のbenefitの一つ)を作っておいて本当に良かった。
そんな病院通いの私ならでは(?)の英単語集。
転んでもタダでは起きませんよ、ネタにします。

■熱 fever
自分の平熱は、日頃から測っておき、華氏(F)で知っておかないと、看護婦さんに「no fever」と判断されてしまうので注意。最近は、電子カルテで自動的に摂氏(C)も出るようになっているので、教えてもらうと良いかも。こちらの人は体温が高めなんだそうだ。
 36.2C=97.2F, 37C=98.6F, 38C=100.4F

<様々な症状>
■過労・うっ血 congestion
いまいち正確な意味が汲み取れていない気がする。風邪を引くと、頻出する単語。医者からも聞かれるし、風邪薬の効果欄に、風邪の症状の1つとして書かれている。

■顔が火照る My face is flushed.
■疲労 fatigue (一般的なだるさ・疲労は tiredness)
■悪寒 chills
■ひりひりする喉 a sore throat
■吐く throw up, vomit
■下痢 diarrhea
■胃がしくしく痛む  have a griping pain in the stomach
■くしゃみ sneeze
■喉に痰がからまって咳こんだ  Phlegm caught in his throat and he coughed.
■むくみ swelling
■発疹 rash
単に赤いぽつぽつができた場合、一般的にrashと言う。「全身に」というのは、over my bodyと言えば通じる。come outも「出る」という意味で使う。
A rash broke out over my whole body.
 ■じんましん a nettle rash(単数、複数扱い)
 ■湿疹 eczema
 ■風疹 (German) measles (*rubella)
 ■水疱瘡 chicken pox (*varicella)

<よく聞く病気>
■インフルエンザ・流感 flu
■風邪 cold
ウィルス性の風邪をFlu、細菌(bacteria)性の風邪をColdと言うようだ。明確な違いは未だに不明。インフルエンザ系の高熱が出る風邪は間違いなくFlu。風邪薬もCold用とFlu用があるので、お間違いなく。抗生物質(Antibotics)(*医者の処方箋が必要)が効くのは細菌性の風邪のみ、ウィルス性の風邪には効かない。今回医者が処方してくれたのは、AMOXICILLINというペニシリン系の抗生物質。ちなみに、これに対するアレルギー症状は、全身にわたる赤い発疹とかゆみで、強烈になると呼吸困難を引き起こす。ペニシリン系の抗生物質に対するアレルギー自体は、非常にCommonな話らしい。私は見事にこのアレルギー症状を呈したので、二度とペニシリン系の抗生物質は取れなくなった。二度目に取ると、アナフェラキシー(anaphylaxis)の可能性が高くなり、非常に危険。

■関節炎 arthritis
■炎症 inflammation
■糖尿病 diabetes
■扁桃腺炎 tonsillitis; inflammation of the tonsils

<その他>
■診断 diagnosis
■処方箋 prescription
医者から貰った処方箋を持って、自分の保険がカバーしている薬局(病院内の薬局、CVSなど)に行き、drop-offする。長期間にわたる薬は、何ヵ月分か医者がまとめて処方箋を出してくれ、医者に行くことなしに薬局で1ヶ月に1度refillできるようになっている。

■自分が支払う受診料(医療保険カバー時) copayment
医療保険がないと、初回受診料は確か$160ぐらいだったと思う。
医療保険様様である。

Progressive Japanese-English Dictionary, Second edition ゥ Shogakukan 1986,1993/プログレッシブ和英中辞典 第2版 ゥ小学館 1986,1993
| 使ってみたいけど使えない英語 | 08:01 | comments(0) | trackbacks(3) |
■Happy New Year
■Happy New Year

年賀状で使う定型挨拶文。言わずとしれた「新年おめでとう」という意味だが、Aがつくか、つかないか、迷うところ。昔、日本に居た頃に習った記憶ではAをつける、と頑固に言われた気がする。今回のグリーティングメールには自分はAをつけなかった。実は、こちらでもらったグリーティングメールの多くにはついていないのだ(数人から貰ったが、誰も使っていない)。口頭で言う場合には、当然Aは省略して「Happy New Year!」。しかし、文章で「A happy new year to you」「Best wishes for a new year」となると、Aを省略するわけにはいかない。要するに、現在のグリーティングメール(カード)では、単純に挨拶として「Happy new year!」とする場合、Aを省略する方が一般的なんじゃないかと思う。同じく季節の挨拶は、大抵冠詞は省略される。

証拠その1。
6 《あいさつ》おめでとう
H〜 birthday.  誕生日おめでとう
〜 New Year!  新年おめでとう
〜 Christmas! 《英》 クリスマスおめでとう.

Progressive English-Japanese Dictionary, Third edition Shogakukan 1980,1987,1998/プログレッシブ英和中辞典 第3版 小学館 1980,1987,1998

証拠その2。
Happy New Year (=used as a greeting)

Longman Dictionary of Contemporary English Online

証拠その3。
同僚(イギリス人)の話。
I wish YOU a happy new yearのような場合、特定な人に向けて発せられるものは、Aをつける。そうではない、単純なHappy New YearにはAをつけない。

某会社から送られてきたHoliday Greetingの文句
「All of us at XXX send you our warmest wishes for the happiest of holidays and a new year filled with peace, good health, and prosperity.」
こういう文句使ってみたいねぇ。
| 使ってみたいけど使えない英語 | 07:59 | comments(0) | trackbacks(1) |
■lastの使い方
意外とわかりにくい、時間の英語表現。
今回はlastについて。

■last この[すぐ]前の,昨…,去る…,先…という意味で使う場合。
過去の月・曜日について、last month, last August, last Mondayなど良く使うが、混乱をまねくような微妙に近い「過去」だった場合は(2〜3ヶ月以内、2〜3日以内など)、lastを使わないことが多い。

例1)現在、2006年11月3日(金)。今週の火曜日にあった、ハロウィーン(10月31日)について言う場合。

「I went to a party last Halloween.」
は正しいが、去年のハロウィーンと誤解される可能性もあるので、
「few days ago」や「Halloween of this year (or 2006)」と表す。

例2)現在、2006年9月。今年の8月の出来事について言う場合。

「I went to the beach last August.」
は正しいが、去年の8月と誤解されるかもしれないので、
「last month」「a month ago」や「August of this year (or 2006)」という表現を使う。
もし去年の8月のことを言いたい場合、誤解をさけるため「August of last year (or 2005)」と表現することが多い。
| 使ってみたいけど使えない英語 | 04:11 | comments(2) | trackbacks(0) |
■Thank you for your invitation
頻出な表現。ただし日本語とちょっと意味が違うので、注意!

■Thank you for your invitation
これは「パーティに招待された時の返事として、使う表現」。
パーティに招待された場合、「Thank you for your invitation. I would come.」というような感じで使う。ただし、パーティが終わった後に、この表現は使わない。日本語での意味「パーティにご招待ありがとうございました」という表現に代わるものは「Thank you for your nice party/the party/inviting me to the party」になる。さらに「I enjoyed it!」などと続く。これが、パーティ後の挨拶の典型的表現。

 使用頻度:高
 使える度:高
| 使ってみたいけど使えない英語 | 03:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
■Jaggy, Sore, Fatigue
久しぶりの、このエントリー。
忘れないうちに。

■Jaggy: a, n ギザギザ

これ、gooの辞書で引くと
━━ a., n. 【コンピュータ】ジャギー ((CGでエッジに現れるギザギザ)).
jag・ged・ly ad.

という意味らしいですが、R氏は「ガバ(ホールド)」のことを「Jaggy 」と言ってました。ニュアンスからして「ガバガバよ!」という感じ。

 使用頻度:低(ただしクライマー的には高?)
 使える度:微妙

■Sore: a. 痛い、ひりひりする、ただれた

R氏、指を痛めているのですが、昨日のクライミングで、さらに上腕辺りの筋肉が痛くなったそうです。だめじゃん……。

 使用頻度:低
 使える度:微妙

■Fatigue: n. 疲労、vt.疲れさせる、 vi.疲れる

熱中症に注意というニュースで、使われていた単語。こういう症状を表す英語は難しいです。なかなか使わないので、覚えられない。

 使用頻度:中
 使える度:高
| 使ってみたいけど使えない英語 | 00:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/2PAGES | >>